19winE3map
出撃した艦にはブイン派遣隊札が付与、E-1~2の甲乙作戦には参加不可。
甲報酬:日進甲標的丙型(☆4)2、改修資材10、甲種勲章、勲章2
乙報酬:日進、甲標的丙型2、改修資材7、勲章2
丙報酬:日進、甲標的丙型、勲章
丁報酬:日進
甲標的丙型は現在入手手段も無く性能的にも優秀な装備。改修も現時点では未実装のため積極的に上の難易度を狙っていきたい。

E-3は輸送と戦力のダブルゲージ海域。輸送終了後にギミック条件を満たすことでZZマスが出現し、甲作戦においては道中戦が比較的楽なボスルートになる。ただし丙や丁で見るとVマスがノーマルレ級1隻にまでパワーダウンしてるのに対してZZマスの潜水新棲姫は耐久面こそ劣れど雷撃威力は依然として脅威となるため、難易度選択によってはギミックを使わずVマス経由ルートの方が楽といった場合もあるので注意。
海域難度としては大規模でないイベント最終海域として並程度。ただし単純な大型艦のパワーというよりは「第一艦隊の艦種制限」「道中潜水マス」「電探装備によるルート制御」といった特殊な条件のクリアが主軸となるため、対潜・制空・電探の各種要素を満たすために誰のスペースをどの程度割くかといった構築面が肝となる。ボスは素の装甲耐久は高いものの味方特効艦の攻撃倍率が高く夜戦アタッカーとして元々優秀な艦に軒並み特効が入るため突破自体は難しくない。

ZZマス出現ギミックは「F,I,K,N,T,Uの各空襲マスに基地航空隊を派遣して上で本隊制空確保」「輸送ボス(Sマス)S勝利」「基地空襲で制空確保かつ無傷を2回」が条件。難易度丙以下だと条件が緩和される。
項目はかなり多いがその内いくつかは同時達成が可能なのでできる限り同時に狙っていくと楽。
空襲マスへの基地派遣が必要なことから基地の使い方が鍵となるためスムーズに出撃するための計画的な基地運用が重要

19winE3g


【ギミック編成】
・F,I確保→輸送ボスS勝利ルート
攻略編成_20190110-170641056
基地航空隊_20190105-204056582
第一航空隊:F優勢、第二航空隊:I均衡、第三航空隊:ボス優勢
FとIで確保を取るために輸送時より艦戦が多く必要となるが軽巡枠を水戦運用すれば空母2隻に戦爆を敷くだけの余裕が出る。駆逐枠も夜戦攻撃装備での採用ができるためボスに向かう基地が1部隊でもS勝利は取りやすい。南方棲戦姫を落としきるのは駆逐2隻の役割となるため特効で決定力の出て潰れにくい駆逐を採用すると良い。
支援艦隊は通常の砲撃支援。砲撃支援が必要になるのはギミック全体を通してこの出撃のみ。

・T,U確保ルート/K確保ルート
gim
基地航空隊_20190110-161451826
第一航空隊:T/D均衡、第二航空隊:U/K均衡、第三航空隊:C対潜
Cを対潜基地&対潜支援&先制対潜で鎮圧し、Jの水上艦には開幕攻撃の豊富さと初手戦艦で制圧、各空襲マスを基地削りからの制空確保と秋月型対空カットインで無力化して安全に進軍する編成。
Kマス方面へ進む際は対水上艦戦闘が無いため艦攻を全て下ろした上で戦艦も外し対潜駆逐と交代することができる。
支援艦隊は対潜支援。残りの空母及び艦載機から搭載数と対潜力を重視して組む。
af4de87976d5a66f40757a95fb2aa1ac

・N確保ルート
攻略編成_20190110-165129346
基地航空隊_20190110-164235272
N均衡→N優勢→N優勢
潜水艦隊による出撃。対水上艦戦闘がOマスの1回であるため旗艦大破以外は確実にNまで進むことができる。
ただし敵艦隊が強パターンの編成だと確率で制空確保ができないため数回出撃する必要が出てくる場合もある。
水戦を持たない上2隻は制空に関与しないが、旗艦大破をなるべく避けるためには的が散った方が良いので数は多いに越したことは無い。
敵を倒す必要がほぼ無いため支援は不要。

・基地防空
攻略編成_20190110-165208558
基地航空隊_20190110-164323224
(※スクショミス。出撃札になっているが実際は全部隊防空札で出す。)
潜水単艦でACDGKOと進むうちに空襲を待つ。それだけ。
機体の対爆値が大きいほど敵機を撃墜しやすいためなるべく彩雲などは使わず対爆の付いている陸戦/局戦から選ぶ。(特に隼64は制空こそ高いものの対爆0なので注意)



【戦力ゲージ攻略編成】
第一艦隊についてはどの編成もほとんど同じなのでラスダン編成の項で解説。削り編成の項では第二艦隊を中心に説明する。
支援艦隊もどの編成でも共通。

・削り編成パターン①
kzr1
基地航空隊_20190106-155450074
第一航空隊:CとZZに分散、第二~第三航空隊:ボス集中
先制爆雷を4隻配置することで対潜基地や対潜支援と合わせて潜水マスを突破、基地を2部隊ボスに割いて残りはネルソンタッチから始動する昼火力で押すことで夜戦アタッカー2隻でも削りを確実に遂行、あわよくば撃破を狙う編成。
特効による高打点と対空CIを両立できる磯風とボス第二艦隊の殲滅に昼連撃で一役買える妙高に夜戦攻撃艦を絞り、他4隻の水雷艦で対潜を敷く。駆逐が装備する電探をGFCSにすることで高い命中値を活かしながら射程を中に伸ばす。雷巡と電探駆逐の2隻が2スロ対潜で動いた後に3スロ対潜の嵐と五十鈴が動くことで潜水新棲姫により大きなダメージを与えやすくする。
射程中の非火力艦がいることから妙高は射程長まで伸ばしボス戦での昼砲撃順を早める(ボス戦以外ではほぼ砲撃機会は無い)。特効もあって妙高の昼連撃でネ級eliteを丸ごと落とすなども狙えるためこの枠が居るだけで雷撃戦や友軍艦隊の削り性能がぐんと上がる。
雷巡は開幕の足しとして雑魚処理の仕事を担いつつ素の夜戦火力から単発でも随伴を落としきる公算が高いため夜戦火力の乏しい艦隊では重要な駒となる。

・削り編成パターン②
kzr2
基地航空隊_20190108-151158971
第一航空隊:Cマス、第二航空隊:ZZマス、第三航空隊:ボスマス
基地航空隊を2部隊対潜に割くことで本隊の対潜艦を削減、夜戦攻撃手を増やしてS勝利率を上げる編成。
3スロを対潜に費やしながら探照灯を持てるタシュケントを起用し高威力対潜艦を2隻備えつつ夜戦装備の枠を確保。夜戦三種の神器を揃えて発動率が担保されたカットイン艦2隻を磯風妙高に加えて置くことで姫級随伴が残っていても確実に夜戦で決め切るだけの手数を持つことができる。

・ラスダン編成
rsdn
基地航空隊_20190107-204612601
第一航空隊:CとZZに分散、第二~第三航空隊:ボス集中
ラスダン勝負のために対潜を最低限まで減らして夜戦火力を盛り到達すれば確実に撃破まで持って行くだけの突破力を確保した編成。
伊勢に艦戦を積み込むことでボスマス基地削り後優勢を安定させつつ軽空2隻に戦爆CIを積んで開幕手と昼火力を増強させることが可能。正規空母1にあきつ丸と伊勢で補助しても伊勢に弾着が乗らず火力が機能しない上に開幕は多くて2スロまでなので軽空2の方が開幕も砲撃も火力が出る。軽空の選定は搭載力を重視。上3スロ積みで攻撃手として優秀かつ攻守のステータスも上位の隼鷹と上2スロが枯れにくく同じく高ステータスの瑞鳳、削り時は上3スロ使いつつ小スロの制空が高い飛鷹の起用だった。
伊勢と軽空2で3枠使って残り3枠を砲撃要員として1,3,5番艦に置きネルソンタッチの構えを取る。
旗艦に電探を乗せる必要があるためネルソンに徹甲弾が無いのが難点だが道中は対水上艦戦闘の不安が無くボス戦でネルソン砲撃時にはタッチが発動すれば徹甲弾弾着の単発より強力な打撃となるためデメリットは少ない。砲撃2巡目で見てもボスへの連撃カスダメ削りや第二艦隊の中~小型艦潰しが多くなるため連撃のみの状態でも腐りにくい。敵第一艦隊は姫級4隻にヌ改2隻と強力な艦ばかりなので早いうちにネルソンタッチで攻めて随伴を2~3隻落とすことで攻守共に抜群の安定性を得ることができる。
ネルソンタッチに参加する3,5番艦は大火力の武蔵と特効の羽黒。共に自然と電探を乗せられる艦であり旗艦と合わせて3スロ分の電探枠を第一で稼ぐ。
射程順としてはネルソンタッチを早めに打つためにネルソンを超長に伸ばし、初手を大火力の武蔵か3連打可能なネルソンから開始できるようにする。続いて戦爆連合で火力が出て中破する前に動きたい軽空2隻を艦爆で射程を伸ばして長。最後に羽黒と伊勢が中で動く形となっている。
第二艦隊には対潜を1隻。基地や支援と合わせて開幕中に随伴を全滅、潜水新棲姫からの開幕1本を受けた後で閉幕までに中破、潜水マスでの被弾を魚雷1本に抑えるまでを狙う。他に有効打らしい有効打を撃たれるマスが無いため道中を通して2発の攻撃までなら甘んじて受けて行く気持ちで向かう。特に被害無く通ればほぼ突破できる程度の火力は持ち込めるため2発の魚雷程度なら決して分は悪くない。対潜役として適任なのは対潜装備を3スロ積みつつボス夜戦では探照灯でデコイ化して攻撃艦を護れるタシュケント。四スロ水雷艦の中で最も対潜力が高く、次点で対潜が得意な夕張や鹿島と比べて耐久性能が数段上なため大破要因にもなりにくい。またゴトランドがLv95まで育っていれば同様の運用が可能。
夜戦攻撃艦には高打点の出る特効駆逐から2隻、昼砲撃でボス第二艦隊の掃討ができる妙高、開幕殲滅力になり随伴潰しの安定性を上げられる阿武隈と北上。
駆逐枠としては、カットイン艦が多くなると安定性に欠けるため連撃で十分な打点が出て対空の役も担える磯風は必ず採用したい。巡洋艦3隻は昼や開幕の役割を重く見て磯風ほどの決定力を持たせていないためもう1隻の駆逐には強力なフィニッシュ性能を期待して特効込みで磯風付近及びそれ以上の打点を出せるカットイン艦(雪風,綾波,時雨,初霜)から選択。フィニッシャーの駆逐2隻は特に夜戦まで潰れないことが重要なため潜水新棲姫からの超過ダメージ雷撃が向けられてもなるべく大破しにくい艦を選ぶと良い。Lv99耐久改修無しで比較すると超過ダメージでの大破しにくさでは時雨、細かい攻撃を含めての素の防御性なら雪風が適任。ただしケッコンや耐久改修や練度による回避力、細かく言えば穴の有無でも優劣は変わるため自艦隊の状況に合わせて採用しよう。

・支援艦隊
攻略編成_20190106-155415512
攻略編成_20190108-151127215
道中は対潜支援。削り編成パターン②で対潜基地を2部隊出している時は使える上位対潜機体が減るので水爆や水偵の利用まで視野に入れる。
攻略編成_20190108-151138230
決戦支援は普通の砲撃支援。いたって普通。駆逐は基地によるミリ残しナ級の装甲を抜きやすいように火力積み。